スポーツブックメーカー 入金

入金

海外の会社が運営しているのがブックメーカーであり、それを日本から利用することになりますので、特別な方法を使って入金をすることになります。スポーツを対象にした賭け事になることから、試合が始まる前までに自分のアカウントにお金を入れておく必要がありますので、円滑な処理もひとつの課題になるでしょう。そこから最良の方法を探さなければいけません。

国際送金でも入出金をすることができますが、手数料が大きくなるだけではなく、円滑な反映ができないことから、試合に間に合わないことも多いのがデメリットです。それに代わる方法として、ネットのなかの財布のような存在をしていた決済方法があり、それを使ってブックメーカーを利用していましたが、日本からギャンブル目的での使用ができなくなったことによって別の決済方法を見つける必要があります。

決済方法としていろいろとありますが、ブックメーカーの会社が対応していなかったりすると、当然入金をすることができません。決済方法にあった会社を探すことも必要になります。もちろんスポーツに賭けますので、魅力的なオッズを提供している会社を探すことも忘れないでください。

海外のルートになると、為替変動によって損失を出すことがあります。損失を出さないためにも、日本円で対応しているブックメーカーもありますので、選ぶときの参考にすると良いでしょう。いろんな観点をもって、自分にあったブックメーカーの会社を探し出してください。

スポーツブックメーカー イギリス

イギリス

ブックメーカーはイギリスが発祥のギャンブルで、主にスポーツを賭けの対象にしています。1970年に登場した頃は競馬のみで、細かいルールもありませんでした。最初は競馬の歴史に合わないと政府は反対していましたが、1963年に賭博及び宝くじ法が成立したことで政府から出される条件をクリアできた会社だけ胴元になっても違法ではないという結論になりました。

政府からの条件には10億円以上の資金があることや、専門機関に毎月のペイアウト率を調べさせて結果を公表することなどがあります。資金が潤沢でないと大きな賭けに勝った時に支払いが遅れるなど、利用者に不利益が生じます。ペイアウト率を公表することは、不正をしないで健全に運営を行っていることの証明になります。さらに毎月会計監査を受けているので、海外のギャンブルに不安を感じている人も利用しやすいです。ブックメーカーは欧米では非常に身近なギャンブルですが、ギャンブル依存症の診断が出ている人は利用させてはいけないというルールがあります。

また退会を希望する利用者は引き止めないなど、ギャンブルにのめり込みすぎないよう配慮しています。イギリスではウィリアムヒルやラドブロークス、コーラルが政府からのライセンスを得た会社として有名です。ただしラブドロークスとコーラルは日本から登録できないので、日本にいながらブックメーカーを楽しみたい時はウィリアムヒルに登録するのが一般的です。